オセアニア

■正式名称
パラオ共和国
■国旗
国旗:パラオ
■国歌
我等がパラオ
■首都
マルキョク
■最大都市
コロール
■面積
約458k㎡
■人口
約20,303人
■宗教
キリスト教等
■公用語
パラオ語、英語
(アンガウル州は上記2言語と日本語)
■通貨
アメリカ合衆国ドル (USD)
■観光
ジェリーフィッシュレイク, ロックアイランド, ベラウ国立博物館, アンガウル州, Etpison Museum, Nikko Bay, German Channel, パラウ水族館, ローズ ガーデン リゾート, Jellyfish Lake, イングリッシュメンズ・ビーチ, ビーチ・オレンジ・スリー, ビーチ・オレンジ・トゥー, ビーチ・オレンジ・ワン, スカーレット Beach1, World War II Japanese Communications Center, ブラディ・ビーチ, Nguruhei Beach, ホワイト・ビーチ, ブラディ・ビーチ, ビーチ・ホワイト・ワン, ノース・ビーチ, オレンジ・ビーチ, ゲルチェレチュース山, アンバー・ビーチ
■ワーキングホリデー
パラオは日本とワーホリ協定を結んでいません
■ビザ
観光査証および渡航認証
不要
30日以内の観光は査証不要。
備考
往復航空券が必要。
パスポートの残存有効期間
入国時6ヵ月以上必要。
■日本からの直行便
日本からパラオまでの直行便は成田から出ています。
■国際免許証での運転
不可
■電圧
110~120V
■周波数
60Hz
■プラグタイプ
A(American),O(Oceania)
■気候
熱帯性気候
■グルメ
マングローブガニ、ロブスター、ヤシガニやシャコの刺身
■お土産
パラオフルーツクッキー、木彫り
■時差
[日本との時差]
冬時間:0時間
夏時間:無し
※パラオと日本には時差はありません
■治安
パラオでは,近年泥酔者や薬物中毒者による殺人,強盗などの凶悪犯罪が増加しています。2012年2月には在留邦人が殺害された事件も発生しました。また,外国人(日本人を含む)を狙った家屋(ホテル)侵入,空き巣などの被害が増加しています。
※渡航前に外務省海外安全情報を必ずチェック入れてください
■緊急連絡先
◎警察・消防・救急車:911
◎消防署,:488-1411
◎警察暑:488-1422
◎病院:488-2558(緊急),488-2552(代表)
◎在パラオ日本国大使館:(+680)488-6455/6456
■概要
パラオ共和国、通称パラオは、太平洋上のミクロネシア地域の島々からなる国である。首都はマルキョク
2006年10月7日に旧首都コロールから遷都した。
日本との時差はない。
漁業とココナッツなどの農業、観光が主産業で、歳入のほとんどがアメリカ合衆国からの無償援助である。
公務員の削減による緊縮財政政策や、観光や軽工業の振興を奨励している。
温暖な気候と美しい海を求めた日本韓国台湾などの近隣諸国からの観光客が多く、それらのための大規模なリゾートホテルが数多く運営している。
また、美しい海やサンゴ礁と合わせて、第二次世界大戦時に沈んだ船舶や航空機を売りにしたダイビングも盛んであり、多くのダイビングショップがあるほか、日本などからダイビングツアーも企画されている。
クラウドWi-Fi/U3-100GB - 月間100GBまで使える最新機種レンタルサービス|135ヶ国対応・月額3,380円でレンタル

アマゾンギフト券の買取は買取セブンへ♪


世界ランキング海外ランキング
出稼ぎ風俗情報ランキング